【リクガメ飼育】ロシアリクガメの日光浴?太陽光は大事?

リクガメ飼育

【リクガメ飼育】ロシアリクガメの日光浴?太陽光は大事?

ペットとして人気のリクガメ

そんな中でも初心者でも飼いやすいロシアリクガメ

リクガメには日光(紫外線)が必要って知っていましたか?

日光(紫外線)が足りないと危険が!!

健康で長生きの為にも知っておきましょう。

リクガメに日光(紫外線)は必要?

結論は必ず必要です。

カメは日光(紫外線)をあびる事で体内でビタミンD3を作り出し、カルシウムの代謝・吸収を行います。

甲羅や骨などはカルシウムを含むエサを食べるだけでは発達出来ません。

特に成長期の幼少期に紫外線が不足すると甲羅の形がいびつになったり、骨が折れやすくなってしまいます。

バランスのとれたエサを摂取しても紫外線に当てないと健康を損ねる可能性が高いのです。

甲羅の育成などの目的の他にも皮膚病の予防なども兼ねているようです。

日光(紫外線)はどうやって補えばいい?

紫外線ライト無しで飼育したいときは気温が上がる昼前に毎日1時間ほどベランダで直接日光浴させると良いです。

紫外線ライトがある場合でも週一くらいは直接日光浴をおススメします。

うちでは紫外線ライトで普段は日光浴させて、週一ベランダで日光浴しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました