【リクガメ飼育】部屋の作りはどんな感じ?必要なもの8個

リクガメ飼育

【リクガメ飼育】部屋の作りはどんな感じ?必要なもの8個

ペットとして人気のリクガメ

そんな中でも初心者でも飼いやすいロシアリクガメ

どんな部屋にすれば良い?

カメにストレスを与えないような部屋づくりとは?

今回はそんな部屋作りをやってみました。

ご参考ください。

ロシアリクガメの部屋に必要なもの

リクガメを育てるにあたって必要なものは以下8個です。

①飼育ゲージ(ケース)

ゲージの選び方はリクガメの大きさで選びましょう。

10cmまでの個体:幅60cm×奥30cm程度

10cm以上の個体:幅90cm×奥45cm程度

②紫外線ライト

リクガメは紫外線を浴びてビタミンD3を生成します。

ビタミンD3は甲羅に必要な栄養素ですので、必須となります。

③保温器具

保温アイテムとしてはライトパネルヒーターが有ります。

ゲージ内が26~36℃になるように選びましょう。

ライトは近すぎてリクガメがヤケドしないようには注意しましょう。

④温度・湿度計

ゲージ内を温度26~36℃に、湿度50%~60%保つ事が大事ですので、常に温度湿度を管理できるように設置しておきましょう。

⑤砂(床材)

お部屋は清潔でないといけないので、排泄物が分かりやすいような床材を選ぶことをおススメします。

ペットシーツでも良いですが、ロシアリクガメの場合は穴を掘る習性があるのでストレスにならないように砂などがおススメです。

⑥シェルター

リクガメが甲羅ごと入るものを選びましょう。

落ち着いて身を隠せる場所が必要です。

⑦エサ入れ

浅めのものがおススメです。

深いと届かなかったり、リクガメ自体がひっくり返ったりします。。

⑧水入れ

浅めのものがおススメです。

深いと届かなかったり、リクガメ自体がひっくり返ったりします。。

ロシアリクガメの部屋作り

上記を元に作成したのがこちらです。

パネルヒーターはシェルターの下に引いています。

寝るときも暖かいようにシャルター下にパネルヒーターがおススメです。

そのせいかシャルターがお気に入りのようです(笑)

ライトはジェックス株式会社さんから発売しているソーラーグローUVを使用しています。

こちらは紫外線とバスキングスポット作成の効果を1つのライトで可能にした商品です。

気持ちよさそうですね~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました