【日本】映画製作費ランキングTOP13!映画の製作費っていくらくらい?

ランキング

【日本】映画製作費ランキングTOP13!映画の製作費っていくらくらい?

映画の製作費ってどれくらいか知っていますか?

映画は当たると収益も大きいですが、製作費も莫大です。

あの映画はどれくらい製作費がかかっているの?

日本で制作費の一番かかった映画は?

気になる世界映画製作費ランキングです。

制作費について

映画の制作費は作品の規模によって変わります。

制作費は以下のようなものが含まれます。

  • 編集スタジオ代
  • 録音スタジオ代(アフレコや音楽収録など)
  • 音楽や効果音の収録に関わる費用
  • 作詞、作曲代
  • 専門スタッフへの人件費
  • 機材費(カメラ、三脚、マイク、録音機材、照明機材など)
  • スタジオレンタル代
  • ロケ地、道路使用料
  • 衣装や小道具、ヘアメイク、美術、大道具
  • 脚本料
  • 車両費
  • 食事代
  • 役者への出演料
  • スタッフへの人件費

日本映画製作費ランキングTOP13

順位 作品名 制作費
1 ファイナルファンタジー 150億円
2 クライシス2050 70億円
3 20世紀少年(3作) 60億円
4 かぐや姫の物語 50億円
4 天と地と 50億円
4 落陽 50億円
7 敦煌 45億円
8 男たちの大和 25億円
9 復活の日 24億円
10 もののけ姫 21億円
11 K-20 怪人二十面相・伝 20億円
11 ヤッターマン 20億円
11 千と千尋の神隠し 20億円

まとめ

一位は日本映画では桁違いの製作費150億円でファイナルファンタジー!!

当時は全盛期だったゲーム会社スクエアを倒産寸前まで追い込んだ事で有名です。

ちなみに、日本国内の興行収入は約10億円制作費150億円です。

どう考えても大赤字ですね。。。

それはスクエアでも倒産寸前まで行きますよ。。。

巨額の制作費がかかった理由としては、当時は珍しいフルCGでリアルな人間や世界観を作ろうとしたことでしょうね。

逆に千と千尋の神隠しに関しては製作費20億円で、興行収入308億円なので大黒字です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました