おススメ引っ越し手土産と挨拶のマナーの4点

住まいのあれこれ

おススメ引っ越し手土産と挨拶のマナーの4点

引っ越し挨拶はお付き合い最初のイベントなので印象を決める大事な事です。

印象は良い方が地域に住んでいく上で何かと良いですよね。

最初の印象を良くするための最低限のマナーとおススメの手土産など4点にまとめてみました。

ご参考ください。

ecoスマイリー

1.おススメ引っ越し手土産

引っ越しの際の手土産は大体500円~1,000円くらいが良いでしょう。

高価なものだと初対面なので相手も受け取りづらいですし、お返ししなきゃなどと気を遣わせてしましますので粗品程度のものがベストでしょう。

相手の事を考えて受け取りやすくて、もらって嬉しいものが良いですね。

食べ物日用品が無難に良いでしょう。

食べ物は賞味期限が長い焼き菓子や缶詰などお中元・お歳暮で渡すようなギフトがおすすめで相手の世帯数がわからないため複数人で食べられるものを選ぶと、なお良いですね。

日用品は挨拶品選びに困ったら普段使える洗剤、ティッシュ、ラップ、ゴミ袋などが無難です。

ただし、近頃では生活様式の多様化が進んでおりオーガニック思考の人もいるため石鹸などの肌に触れたり口に入れるものは注意が必要となるので、そこまで考えると複雑になってきますね。

<引越しの挨拶の手土産品ランキング>

1位:お菓子

2位:洗剤

3位:タオル

4位:食べ物

5位:ゴミ袋

6位:お茶

7位:ふきん

8位:ラップ

9位:ティッシュ

10位:そば

※某引っ越し会社調べ

 

購入は百貨店・大型スーパー・ドラックストア・ネット通販などの一番身近な場所で良いでしょう。

ただしネット通販で購入する際は配送まで時間のかかるケースが多いので時間に余裕をもって注文しましょう。

トレファク引越

2.挨拶をするタイミング

引っ越し前日までに近隣には挨拶を終わらせておく事がベストです。

引っ越し当日は引っ越し業者のトラックが道をふさいだり、引っ越しの物音が出たり、人や物の出入りが多くなりますので何かと近隣には迷惑をかける事が多いです。

その事を前日までに事前に近隣に伝えておく方がトラブル回避にもなりますし、引っ越す側も気兼ねなく作業できますよね。

特にお子さんのいらっしゃるご家庭では引っ越し前に挨拶居ておいた方が、子供が新居で多少はしゃいでも近隣にも引っ越す側も気が楽ですよね。

子供は新しい事に興奮してはしゃいでしまう事が多いです。

少しの気配りが新居での生活を快適にしますので、最初はしっかりしましょう。

時間帯は不審がられないように本来は明るい時間帯が良いのですが、最近では共働きが増えてきていますので挨拶出来ていない家には夕方以降の遅すぎない時間で挨拶しましょう。

ただそれでも不在の場合もあります。

特に単身者向けの物件の場合では生活リズムが異なるため留守で挨拶ができないケースが多いです。

また相手の都合で出られない・出たくない(化粧をしていない、女性の一人暮らしの家に男性が訪ねてきた)場合には居留守を使っている場合もあります。

不在の場合には2~3回、曜日と時間を変更して挨拶に訪ねてみて、それでも不在であった場合には手紙をポストか郵便受けに入れておきましょう。

そこまで考えると引っ越しの2~3日前から2~3回時間を変更して挨拶回りするくらいが良いでしょう。

トレファク引越

3.挨拶する範囲

マンションやアパートの場合は上下左右の4部屋は挨拶した方が良いですね。

隣の隣などは正直どちらでも良いかなと思いますので自分に合った範囲で挨拶回りましょう。

都市部では挨拶が必要とされていない場合もございます。

特に単身で引っ越しの場合は生活サイクルの違う人達が住んでいるケースが多いので無理に行う必要はないでしょう。

定額料金

一軒家の場合は自身の家を囲っている家に挨拶をしましょう。

一般的な規則性のある団地では周り8件になりますね。

もちろん道を挟んでお向かいも対象です。

もし新築で建てる場合は工事が入るので工事前に一度挨拶して、引っ越し前に再度挨拶するのがベストですね。

また自治会への加入、挨拶が当たり前と考えている地域では自治会長への挨拶をしておいたほうが良いでしょう。

自治会の活動が活発な地域では、自治会長が挨拶に来てくれる場合もあるようです。

トレファク引越

4.挨拶の仕方

引越しの挨拶では自己紹介とこれからお世話になる旨を伝えます。

 

<新居のご近所さんへの挨拶文例>

はじめまして。

本日(もしくは○月○日に)、
××××××××(住所)に引越して参りました○○(名前)と申します。
引越しでは何かとお騒がせしてしまいご迷惑をお掛けいたしました。

これからお世話になります。
どうぞよろしく御願いいたします。

 

<挨拶の手土産を渡す場合の言葉>

こちら、心ばかりの品ではございますが、宜しければお受け取り下さい。

 

<家族に小さい子供がいる場合の言葉>

小さな子供が○人おりますので
騒がしくご迷惑をお掛けするかもしれませんが、宜しくお願いいたします。

 

また挨拶で渡す手土産には、のし(熨斗)紙をかけて渡します。

のし紙には「内のし」「外のし」の2種類あり、引っ越しの挨拶では「外のし」を使います。

内のし:品物にのし紙をかけて、その上から包装紙で包みます。
主に、お歳暮・お中元や配送でギフトを送る際に利用します。

外のし:品物を包装紙で包み、その受けからのし紙をかけるます。
主に、手渡しでギフトを贈る際に利用します。

表書きには「御挨拶」の文字を入れます。 表書きの下に苗字を書きます。

トレファク引越

まとめ

引越しをしたら、ご近所さんに挨拶をするのが一般的ですが、近年では引越しの挨拶をしない人が増えてきているようです。

某引っ越し会社の調べによると挨拶回りをしている人は全体の約6割くらいで、逆に約4割は挨拶回りをしていないという結果になったようです。

また、単身者のみに絞って結果をみると、5割以上の人が挨拶回りをしていないようです。

近年では防犯上の理由などから、特に単身の女性は挨拶回りを控える傾向があるようです。

なので特にご近所づきあいを必要としていない人や、単身の女性は、無理に挨拶回りをする必要はないと言えます。

逆に家族の引越しの場合は約8割の人が挨拶回りをしているようです。

単身世帯に比べて、家族世帯は移転先に長く居住することが多いため、ご近所づきあいを大切にする傾向があるからですね。

そのため、家族で引越しをする人は、引っ越し挨拶をしておくこと方がお子さんの事や自分自身の快適な暮らしの為にも安心ですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました