オンライン飲みのおススメは?まだそれ使っているの?オンラインツール6選

比較系

テレビ電話のおススメは?まだそれ使っているの?オンラインツール6選

テレビ電話でMTGや飲み会する事が増えたのではないでしょうか?

通信サービスも多様化して色んなものが有りますよね。

何使うと良いの?どんな特徴なの?料金は?など気になる部分を調べてみました。

比較にもなると思います。

LINE

料金:無料

音質:やや悪い~普通

人数制限:会話の人数制限は無いが画面に顔を表示できるのは4人まで(PCの場合は16人まで)

それ以上になるとアイコン表示になってしまいます。

アカウント作成:必要

備考:トークでグループを作成して、そこでビデオ通話をするだけなので簡単です。

普段良く使うアプリなので音質を我慢すれば、使いやすくて良いですね。

Zoom

料金:無料アカウントでは40分制限付き(現在無制限に緩和中)

音質:良い

人数制限:最大1,000名

アカウント作成:主催者のみが作成でOK

備考:主催者のみアがカウントを作っておけば、あとはルームのURLを共有すればOKなので招待が簡単です。

有料版も有るのでお金はかかっても良いという方は有料版の方が時間制限が無いのでおススメです。

FaceTime

料金:無料(Apple製品同士のみ)

音質:普通

人数制限:最大32人

アカウント作成:無料

その他:FaceTimeはiPhoneやiPadやMacBookなど、Apple製品同士のみで無料通話することができるサービスで、FaceTimeアプリからだけではなく、「電話」や「連絡先」から直接FaceTime通話を利用することができるなど、Apple製品同士での使い勝手がとても良いです。

Skype

料金:無料

音質:少し悪い~普通

人数制限:最大50人

アカウント作成:必要

その他:グループを作り、そのグループ内でビデオ通話するというLINEと同じやり方ですが、URLの共有も可能です。

簡単に出来るのは良いのですがたまに遅延する事があります。

Messenger

料金:無料

音質:やや悪い~普通

人数制限:最大8人

その他:Facebookでアカウントがあれば参加可能です。

グループ作成して通話するだけなので、Skype・LINEと同様の感じですね。

Googleハングアウト

料金:無料(制限時間8時間)

音質:普通

人数制限:最大10名

アカウント作成:参加者全員Googleアカウントが必要

その他:Googleのアカウントを持っていれば、誰もが参加できるビデオチャットサービス。

主催者が事前に共有URLを作成しておけば、当日そのリンクをクリックするだけで参加できます。

ビジネス特化の「Hangouts Meet」を使えば、人数制限が25人までになり、オンライン飲み会の様子を録画することもできますが、こちらはG Suiteユーザーしか参加できないので注意しましょう。

まとめ

このようにそれぞれのサービスで良いところ、微妙なところがありますので、何人でオンライン繋ぐか?どのくらいの時間で繋ぐか?など考えて、その時その時で使うサービスを変えても良いかもですね。

今は中々大変な時期ですが今我慢しないと長引くだけなので「#ステイホーム」を皆で頑張って早期終結を目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました