体調を崩さない為に家に帰った際に行う事とは?感染症対策

健康・人体について

体調を崩さない為に家に帰ったら行う事とは?感染症対策

コロナ(COVID-19)が感染爆発して外出自粛の中ですが日用品の買い物や病院などで、どうしても外出しなければいけない事はありますよね。

誰かと一緒に住んでいる方は特に菌を家に持ち込まないか不安ですよね?

同居者の奥様、お子様、親などが自分が持ち帰った菌で病気になるなんて嫌だと思います。

そこで家に帰った際にどのように除菌すれば良いのか調べてみましたので参考にして菌を家に持ち込まないようにしましょう。

 

菌が付きやすい箇所

一番はです。

手は色々なものや場所を触るので一番菌が付着しやすく、菌を他の場所・部分へ付着させる可能性が最も高い部分です。

外出してから何もしないそのままの手で色んな場所に触る事は菌を色んな部分に付着させているという事になりますね。

 

次は口内・喉ですね。

ウイルスの多くは飛沫感染で感染する事が多いです。

くしゃみやせきなどで空中に飛び散ったウイルスを吸い込んでいる可能性が有ります。

 

帰ってやる事

帰ったら何より先に手洗いですね。

手洗いで大事な事は以下です。

・ハンドソープを使いましょう。(市販のものでOKです)

・洗い残しは無いようにしましょう。(指の間、爪と皮膚の間、手首)

・清潔なタオルでしっかり水をふき取りましょう。

 

水洗い後にはアルコールを手に吹きかけて除菌すると尚良しです。

 

手洗いが完了したら口内や喉もきれいにするために、うがいも行いましょう。

ウイルスを吸い込んでしまっても症状がすぐ出るという事はないようですが、ウイルスが細胞内に入り込んでしまうと感染してします可能性が高いようですので、その前に洗い流すことが重要です。

帰った際には、まずうがいをしてのどの粘膜についたウイルスを洗いながしましょう。

うがいは以下の三段階に分けて行いましょう。

 

1回目

食べかすなど口の中のものを取るために比較的に強くうがいしましょう。

擬音で言うと「くちゅくちゅ」と言った感じです。

 

2回目

上を向いて喉の奥まで15秒ほど、うがいしましょう。

擬音で言うと「がぁー」と言った感じです。

 

3回目

2回目と同様のうがいです。

上を向いてうがいしながら「あいうえお」と言うと色んな確度でうがい出来るのでおススメです。

 

まとめ

帰ったらまず手洗い・うがい

これを徹底しましょう。

自分が予防する事で自分自身の健康はもちろんですが、同居人の健康も守る事ができます。

自分くらいがやらないでもなど考えずやりましょう。

またお子さんには子供のころから習慣付けする事もかねて、帰ったらまずやる事として教えておきましょう。

人間何より健康が大事ですよね。

病気にかかった時こそそう思うのですが病気にかかってからでは遅いので、かかる前の予防をしっかりと行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました