口が臭い!?その原因と対策はどうしたら良いの?

健康・人体について

口が臭い!?その原因と対策はどうしたら良いの?

人と対面して話すときマスクをつけているとき色んな場面で気になる口臭。

口臭は相手も不快になりますし、自身も嫌な気持ちになりますよね?

そんな口臭って何が原因か実際知っていますか?

今回は口臭の原因とその対策について調べました。

口の中が原因

特に歯周病が原因のケースが多い様です。

特徴は歯と歯茎の間に歯周ポケットが出来ますので、口の中の細菌の格好の住みかになります。

細菌の中でも嫌気性菌は代謝の過程で硫化水素やメチルメルカプタンを産生します。

これが口臭のもとになるようです。

口の中は以下をチェックしましょう!

・歯周病が原因

□歯ぐきからよく出血する。

□歯ぐきがよく腫れる。

□口の中がネバネバする。

□グラグラした歯がある。

□と歯の間に食べ物がよくはさまる。

 

・虫歯が原因

□穴のあいた歯がある。

 

・歯磨き不良による歯垢や食物残りが原因

□歯の表面を舌でさわるとザラザラしている。

□義歯、ブリッジ、冠などが、入っている。

□舌を磨いたことがない。

nosh(ノッシュ)

全身の病気が原因

呼吸器系(肺癌、肺腫瘍)、消化器系(胃癌、食道気管)、耳鼻咽喉系(扁桃炎、咽頭膿瘍、咽頭癌)が原因の場合は、タンパク質の壊疽臭のような臭いがします。

咽頭、気管支、肺のカンジタ感染が原因の場合は、甘い臭いがします。

糖尿病の場合は、アセトン臭がします。

肝硬変、肝臓癌の場合は、アンモニア臭がします。

トリメチルアミン尿症の場合は、魚臭がします。

このように病状によっても口臭は出るようです。

nosh(ノッシュ)

食べ物やたばこなどが原因

血液中に流れる成分の臭いが肺を通して吐く息に出てくることもあります。

ニンニク、ニラ、ネギ、たくあんなど臭いの強いものを食べたり、アルコールや喫煙によりいったん体内に取り込まれた臭いの元になる成分が胃の中で消化され血液を介して全身に循環し肺を経由して吐き出されるようです。

なのでお口をきれいにしても臭うことがあるようです。。

nosh(ノッシュ)

生理的口臭が原因

朝起床時や空腹時に臭うことがある。

空腹や疲労があるときは肝臓がからだにエネルギーを供給しようとしてケトン体という物質を作り血液中に放出します。

ケトン体が増えすぎると甘酸っぱいニオイのするガス(アセトン)となって肺から出てくるので口臭が強くなります。

女性の場合生理時やその前後ホルモンバランスの不調により口臭を感じるときがある。

口の中から出るニオイは特に唾液の分泌に影響されます。

唾液には口の中を洗浄・自浄する作用があり、「噛む」「話す」など口を動かして、唾液腺を刺激することによって分泌が増えます。

唾液が減って口の中が乾燥すると自浄作用が低下し、タンパク質を分解する細菌が増えるので、口臭も濃縮されてニオイがきつくなります。

nosh(ノッシュ)

気持ちの問題の場合もある?

口の中のトラブルもなく、実際に臭ってはいないのに、本人が口臭を気にして社会生活の障害となっているような場合を心理的口臭症といいます。

背景に強いストレスや不安などに起因するこころの病が隠れていることがあります。

nosh(ノッシュ)

まとめ

口臭と言っても原因は多種多様ですね。

口臭が気になる場合は自分の症状を見て臭って、原因をつぶして治しましょう。

ただ最後に文章のように気にしすぎて臭うなどのケースも有るのでよっぽど気になる時は病院に行くのがおススメです。

一番すっきり解消するでしょう。

口の中も清潔にして心身状態も何もなければ口臭は防げそうですね。

臭いは人付き合いにとって大事な事なので口臭になる前に原因を知って対策しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました