口内炎の原因は?治療法は?それ本当に合ってる?

健康・人体について

口内炎の原因は?治療法は?それ本当に合ってる?

口内炎は食事も痛くて、出来る場所によっては話す事も痛いですよね。

そんな口内炎が何で出来るかって知っていますか?

どのようにしたら早く治療出来るかって知っていますか?

今回はそんな口内炎についてです。

口内炎の出来やすい人、出来ている人は必見です。

口内炎の原因

口内炎とは、口内の粘膜に起こる炎症の総称です。

原因ははっきりとは解明されていない様です。

ただ一般的にはストレス疲れによる免疫力の低下、睡眠不足栄養不足ウイルスや細菌などの感染、外傷・熱傷、薬による刺激などが考えられています。

ビタミンB2が不足していると出来やすいと言われています。

アフタ性口内炎にかかると、赤く縁取られた2~10mm程度の丸くて白い潰瘍が発生します。

口内炎は「のど・歯肉と頬の間・頬・舌・唇の裏」などに出来やすいです。

口内炎の治療

市販でビタミン剤(ビタミンB2)塗り薬も販売しているのでドラックストアに行きましょう。

※チョコラBB、トラフルなど

疲労や栄養バランスが崩れたことが原因でできた口内炎は、休養を取ったり、栄養バランスを整えたりすることで、自然に消えます。

ただ長期的に続く場合(10日以上)や広範囲で発生している場合などは、病院を受診しましょう。

また痛みが強くて食事ができない、話すと痛いなど生活に支障が出ている場合にも、無理せずに病院を受診しましょう。

まとめ

日ごろからの生活習慣と食事に気をつける事が一番の予防みたいですね!

溜めたくて溜める人はいないと思いますが、ストレスも溜めないように定期的な発散が必要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました