塗装工事の訪問販売に注意?訪問販売の注意点とは?

塗装工事 訪問販売 注意 住まいのあれこれ

塗装工事の訪問販売に注意?訪問販売の注意点とは?

塗装工事の訪問販売って多いですよね?

特に10年前後の築年数の多い団地ではうんざりするくらい来るかもしれません。

気を付けておかないと訪問販売で高額の契約をしてしますかもしれません。

会社によっての違いもありますが営業でも大きく違うのが訪問販売です。

契約取ればいいやの営業も中にはいますし、契約したら最後までと言ったしっかりした営業もいますので「人」によります。

訪問販売が来たら本当に塗装が必要?

お家が10年前後であれば必要な時期だと思います。

ただ正確には立地条件や新築時に使用した材料などで塗装推奨時期は大幅に変わりますのでご注意ください。

一般的にはチョーキング(外壁触って粉がつく現象)や色あせなどが出始めたら外壁材の防水効果切れのサインですので塗装が必要な時期と言えます。

ただ営業マンの中には入ったばかりの新入社員や中途社員がいて、そういう人は分からず塗装が必要ない家でも営業に行きます。

私も新入社員のころは全部営業してしていました。。

なので全部が本当では無いので自身で外壁の具合を確認して10年前後で考えることが必要ですね。

外壁種類などで塗装時期は変わってくるので新築時に大まかな塗装目安の時期を聞いておくといいでしょう。

外壁塗装の駆け込み寺②

訪問販売の注意点

訪問販売は基本的に何かしらの「今だったら○○で安くできます!」みたいな感じが多いです。

キャンペーン中だったり、近くで工事しているからや、モデル工事などなど。

大半は売るための口実です。

近くで工事しているから安くできると言っても職人さんは人工(一日一人の費用)なので現場近くても変わらないですよね?

また足場を○○から持ってくるのでなどはほぼ厳しく、何故なら足場は基本的に足場屋さんが組んでいて下請けの別会社になるので1件〇日いくらなどですし、家の大きさや形や庭の形も家それぞれで違うのに同じ足場でいけるわけないですよね。

キャンペーン?だいたい年中やっています。

モデル工事も同じできれいに仕上がれば場所がどこであれモデル工事になります。

ただ中には本当に足場を隣の家に移動させている業者もありましたので必ずでは無いですが。。。

では何故安くできる口実を作っているか?

それは大幅に値引きしてお得感を出して契約をとるためです。

大幅値引きの為に定価の見積もりは高く作っていることが多く、見積もりを出す前に材料の説明などを行い「オリジナル塗料」だから高いや良いものだから高いなどと説明します。

オリジナル塗料は結構簡単に作ることが出来て基本的には大手塗料メーカーのラベル違いなので、原料など調べれば比べることは可能ですが、普通はそこまでできないですよね?

オリジナル塗料と言って他と比べられないようにしています。

お家のサイズや屋根塗装の有り無しでも大きく変わりますが、一般的なお家のサイズで屋根塗装込みで定価で150万円こえるような見積もりは疑いましょう。

見積もり出してからの返事も何かしら理由をつけて早めに設定されます。

ただ正直いつ頼んでも値引き後くらいで工事できます。

焦らないでしっかり判断して決めましょう。

外壁塗装の駆け込み寺②

まとめ

訪問販売でもいい工事は可能です。

あとは値段と担当営業次第になるので値段は相見積もりで即決だけはしないようにちゃんと考えて相見積もりは必ずするようにして決めましょう。

相見積もりすれば適正な価格なのか?適正な塗料なのか?適正な工事なのか?が分かると思います。

担当営業は何でも話しやすい方が良いでしょう。

工事前や工事中には多くの疑問や不安が出てくると思いますので、その時に言いにくい人だと困りますよね。。

気軽の相談できるかな?という観点でも見て頂き決めた方が良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました