外壁塗り替え診断チェック表

住まいのあれこれ

外壁塗り替え診断チェック表

戸建てだと大体10年に1度は外壁工事(塗装)が必要になってきます。

10年くらいの築年数になってくると塗装の営業が定期的に来るかもです。

特に築年数10年くらいの集合団地では多いですね。

ただ実際の外壁の痛みは立地条件や使用している外壁の種類などによって大きく変わります。

本当に塗装が必要なのか自分で調べてみましょう。

今回は一般住宅に多いモルタル壁とサイディングボードの痛みチェックシートです。

 

外壁劣化の初期症状

以下が出ると外壁の防水効果切れのサインと思って良いでしょう。

・チョーキング(手で触る塗料の粉が付く)

・ヘアークラック(髪の毛上のひび割れ)

・緑カビ、コケ(緑の汚れみたいなもの)

・色あせ(特に紫外線の強い箇所で他と比べて色に変化が有る)

・コーキングの劣化(外壁と外壁のつなぎ合わせのゴム部分が硬くなるor隙間が出ている)

 

外壁劣化の早期工事必要状態

以下が起きていると早期で塗装もしくは外壁工事を行った方が良いでしょうか。

早めに専門業者に見てもらいましょう。

・外壁のひび割れ(ヘアークラックの痛みが進むとひび割れが起きます)

・外壁の欠落(ひび割れが繋がると欠落に繋がります)

・黒カビ(緑カビが成長して根をはってます)

・表面塗膜剥がれ(外壁表面がぺらぺらはがれている状態です)

・コーキング劣化(ゴム部分が取れている)

 

まとめ

家は末永く付き合って家族を守ってくれる大事なものです。

定期的にしっかり診断して、定期メンテナンスもしっかり行いましょう。

そうする事で家族を守る事にも繋がりますし、劣化状態が進みすぎると工事金額が高くなることもあるのでお財布にも負担がかかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました