外壁塗装は必要?目安時期となる2点

塗装 家 目安 住まいのあれこれ

外壁塗装の時期は?目安となる2点

持家であれば必ずと言って良いほど外壁塗装の営業が来ると思います。

そんな中、我が家は本当に塗装の時期なのか?

疑問に思う事は多いと思います。

私自身がリフォーム業界に居て「外壁劣化診断士」の資格も取った中での知識で目安についてお話させて頂きます。

1.築年数

大まかには築10年くらいが良いとされています。

住宅の外壁は紫外線・雨・風・湿気などの要因によって10年くらいで傷んできます。

住宅なので年数が経てば劣化が進むのは当たり前ですよね。

ただ新築時に施工された内容によっても目安の年数は変わりますので

あくまで目安の年数と考えましょう。

購入した年齢にもよりますが多くの家庭が塗装時期にお子さんにお金のかかる時期となる事が多いので約10年で塗装でお金がかかるという事は考えていた方が良いでしょう。

2.外壁の傷み

立地条件や新築時の使用外壁や塗装によって劣化スピードは大幅に変わりますので築年数はあくまで目安として実際には以下の傷みが出ているかを確認しましょう。

・変色

紫外線などにより外壁表面の塗膜が傷み変色してきます。

塗膜が傷み始めてきているサインと考えましょう。

・チョーキング

外壁の塗膜が傷んで塗膜表面を触ると粉が付きます。

こちらは外壁表面の防水効果が切れているサインとなっております。

チョーキング 外壁 塗装

・コケ、カビ、藻

外壁に菌が付着している状態となり付着した状態が続くと菌が根をはります。

放置して増殖すると外壁のダメージは大きくなりますので早めの撤去がおススメです。

・シーリングの傷み

外壁と外壁のつなぎ目のゴムの部分が紫外線や熱によって傷みます。

最初はゴムが固くなり(硬化し)さらに傷むと割れてすき間ができます。

すき間から外壁が水を吸ったり、中に水が入ったりと劣化進行の要因となります。

・外壁のヒビ、割れ、はがれ(ヘアークラック)

防水は切れて劣化が進んでいる状態ですの早めの施工をおススメ致します。

ヘアークラックと言われる髪の毛状のヒビが初期状態で更に劣化が進むとヒビは大きくなり最終的には割れます。

割れてしまうと塗装工事の際に補修費などがかかる場合もあります。

・爆裂、欠落

ALCと言う外壁に良くあるのですが中の鉄がさびて外壁が爆発したようにかけます。

傷みすぎると外壁が限界で欠落します。

この状態は末期ですので塗装工事だけでなく、大きな補修工事が必要となる可能性が高いです。

外壁塗装の駆け込み寺②

まとめ

10年くらいで塗装が必要という事は覚えておき、実際には外壁を見て状態次第で考える事がベストでしょう。

ただその時のお財布事情も各家庭にあるので自身の家がどの状態なのかを考えて計画しましょう。

最低でも末期の状態になる前にはお手入れをしていた方が余分な出費は回避できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました