外壁塗装の色選びで悩んでませんか?失敗しない選び方は?

外壁 塗装 色選び 住まいのあれこれ

外壁塗装の色選びで悩んでませんか?失敗しない選び方は?

外壁塗装の際の何色にしようか?

何色が汚れは目立たないのか?

一回塗装すると約10年くらいは選んだ色と過ごします。

イメージがつかない。どうしよう。失敗したくない。そう思いますよね。

今回は失敗しない色選びについてお話させていただきます。

人気色

人気の色は薄く色の入ったホワイト系は不動の人気ですね。

肌色やベージュなども人気の色となっています。

景気が良いと暖色系が人気になり、景気が悪いと寒色系が人気になる傾向があるようです。

人間の心理的なものですかね。

ツートンカラーにする際は薄く色の入ったホワイト系と濃ゆい色(黒・茶色・グレー)などの組み合わせが人気の傾向にあります。

メリハリのある2色にする方がしまって見えますね。

屋根の色はブラック系が人気です。

付帯(樋や破風)の色はブラックか茶色系が人気です。

最近ではテカテカ感が出るのが嫌という声が多く艶消しもしくは3分艶での塗装もよく施工されていますのでおススメです。

外壁 塗装 色選び

劣化の目立つ色

純粋なホワイトはコケなどが目立つようになるので薄く他の色の入ったホワイト系の方がおススメです。

青や赤などの原色系は紫外線等によって劣化した際の色あせがとても目立ちます。

田舎の整備されていない道路標識など見てみるとよく分かりますよね。

失敗したくない方や汚れが目立ちにくい色がいい方は、茶系、ベージュ系、グレー系などの「落ち着いた色」をベースに選びましょう。

近所や景観

町や団地にはそれぞれ景観がありますので「悪目立ち」はしないように選ぶ方が良いでしょう。

ご近所さんなどになじむような色選びがおススメです。

団地を全体で見た際に一軒だけ悪目立ちしてしますと団地の景観自体が悪くなります。

景観はそこねたくないが目立ちたい、他とは違う感じにしたい!と言った方には「石材調」「大理石調」と言ったチップの入った高級感の出る塗装もあるので是非ご検討ください。

ただ少しお値段はアップします。。

外壁塗装の駆け込み寺②

まとめ

色には好き嫌いがあるので正解は無いですが深く悩みすぎると決められなくなり、施工後にあれにすればよかったと後悔も生まれますので、案外スパッと決めた方が満足するケースが多いです。

また色は小さいサンプル見本ではなく最低でもA4サイズの板に塗装したもので、天気のいい日に外に出て実際に壁にあてて決めましょう。

念の為、日の当たる箇所と影とで見ていた方が印象が違う場合もあるのでおススメです。

まったくイメージが出来ないといった際には業者にカラーシミュレーションを出してもらったり、過去施工の写真や実物を見せてもらうのも良いでしょうか。

中にはご家族でじゃんけんして勝った小学生の娘さんが色を決めたご家庭もありました(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました