家の中にカビ!?カビの効果的な除去方法や防止策とは?

住まいのあれこれ

家の中にカビ!?カビの効果的な除去方法や防止策とは?

家の湿気のある所にいつも間にか出てくるカビ。。。

窓にカビが出た時などはゴムの部分などは中々取れないで苦戦しますよね。

大量に出ると見た目だけでは無く、臭いも出てきて最悪人体にも害があります。

そんなカビの除去方法と防止策を今回は調べてみました。

 

カビの除去方法

カビを除去するポイントとして「汚れを落とす」「殺菌する」の2点が大切になります。

両方をしないと除去したとは言えません。

 

室内の軽いカビ

住宅用中性洗剤を使いましょう。

カビ部分に住宅用中性洗剤を吹き付けて、少し時間を空けて濡れ雑巾でしっかり拭き取りましょう。

終わったら乾燥をしっかりしてからエタノールを吹き付けて除菌しましょう。

これによって再繁殖を防ぎます。

※作業中はカビの胞子がまうのでマスクを着用して、胞子を吸い込まないようにしましょう。

 

黒カビになると根をはっている為、カビ取り剤を使用しないと落ちません。

そうなる前にカビは掃除してあげましょう。

 

水回りの頑固なカビ

こちらも水回りでも軽いカビは中性洗剤で落ちますが、窓のゴム(パッキン)などの部分の黒カビは落ちません。

黒カビには次亜塩素酸系のカビ取り剤を使用します。

黒カビ部分に吹き付けて上からラップをすると効果的です。

ジョンソンの『カビキラー』や花王の『カビハイター』などが有名です、スーパーやコンビニなどにあるのでおススメです。

一定時間空けて汚れが落ちたら水で洗い流して、乾燥をしっかりしてからエタノールを吹き付けて除菌しましょう。

 

カビ取り剤を使用するときは換気をしっかり行い、マスクを着用してゴムまたはビニール手袋で直接肌には触れないようにしましょう。

ついた際はすぐに洗い流しましょう。

 

カビ掃除のポイント

・上から掃除しましょう。

胞子は上から降ってくるので、できるだけ高いところからカビ掃除を始めるのがポイント。

たとえば、お風呂だと換気扇をキレイにすることからカビ掃除を始めれば、ぐっと菌が広がる確率を低くできます。

 

・すぐに掃除機をかけない。

カビが生えているからといきなり掃除機で吸ってしまうと、排気の風でカビの胞子が飛び散って部屋中に広がってしまうことがあります。

掃除機をかける前に「拭き掃除でまず除菌」することが大切です。

 

・除菌前に水吹きをしない

除菌前に水拭きをすると、カビの胞子を広げてしまうかもしれません。

また、水で濡れると湿度が上がるので、カビが元気になってしまうので気をつけましょう。

 

・最初から直接吹きかけない

いきなり最初からカビに向かってスプレーを直接吹きかけること。

でもこれは間違いで、最初はティッシュやキッチンペーパーなどにスプレーを吹きかけてからこすり落とすのが正解です。

直接かけるとカビが舞ってしまうので注意しましょう。

 

カビ防止

一番は風通しを良くして乾かす事です。

カビの胞子は物体の表面に付いた水分を使って繁殖します。

毎日窓を開けて換気をして、家具と壁の間には5cmは隙間を開けて風通しを良くしましょう。

結露を抑えるために暖房の設定温度に注意しましょう。

 

窓際にはカビが繁殖しやすいのでカーテンは定期的に洗ってから、よく乾かして戻しましょう。

定期的にエタノールスプレーを吹きかけるのも効果的ですね。

 

まとめ

まずはカビを出さないように定期的に換気をしっかり行って、家の中を乾燥させておきましょう!

帰ったら換気をする習慣を作っておく事がおススメです。

カビが実際に出て掃除をする際はしっかり菌を除去するためにやり方に注意して掃除しましょう。

ちなみに僕は放置しすぎてカーテンがカビまみれで部屋がカビ臭くなりました。。。

そうなるといざ掃除をするときにカビの匂いや掃除範囲が大きすぎてとても大変です。。。

予防と早急な処置で家の中をキレイに保ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました