泥棒の行動パターンや手口を知っていますか?知っていれば防犯が出来ます!

住まいのあれこれ

泥棒の行動パターンや手口を知っていますか?

泥棒ってどのように動いて実行するのか知っていますか?

泥棒を知る事は危険を察知したり防犯への意識が高くなったりする事への第一歩です。

防犯グッツ売っていておススメだから買うなどでは無く、まずは知識を付けて、その次に対策しましょう。

なぜなら家によって対策箇所や方法は大きく異なってくるからです。

あなたの家にあった防犯をするために泥棒を知りましょう。

セコム_高齢者

泥棒の服装

昔からのイメージで泥棒といえば風呂敷をかついで手ぬぐいで頬かむりしているイメージを浮かべる方が多いでは無いでしょうか?

もしくは全身黒づくめで帽子をかぶっている姿を思い浮かべませんか?

ただ現実には、そんな目立つ格好をした泥棒はいません。

近所の人に見られても不審に思われないような服装で、しっかりと下見をしてます。

昔のイメージは論外としても全身黒づくめで帽子などは明らかに怪しいですと自分で行っているようなものです。

泥棒はその地域になじむような、ごく当たり前の服装をしています。

スーツ姿⇒営業マン

作業着⇒現場作業者

普段着⇒住人

など周囲の状況に合っている目立たない服装が多いです。

泥棒は目立たないでなじむ格好をしているケースが多いです。

近年の泥棒は隣近所との人間関係が希薄になっていることを逆手に取って、普通の恰好で紛れ込んでいます。

普段から周り近所の挨拶がしっかりしていれば問題は無いのですが、近年はその部分が希薄になっております。

元気よく「こんにちわ!」と挨拶しましょう。

声をかけられるだけで、犯行をあきらめる泥棒は多いのです。

現場の下見

多くの泥棒は住んでいる人の生活パターンを調べて留守になる時間帯や来客数を把握して、時間をかけて犯行に及びます。

また複数犯で行う場合には犯行時に見張りを立てます。

住宅やマンションの周辺を電話しながらグルグルする変な人には十分に注意しましょう。

泥棒が下見をする際のポイントは

「外出する際の施錠」

「出入りのしやすさ」

「隠れ場所の多さ」

「見通し」

「人通り」

「生活パターン」

「家族構成」

「防犯状況」

などなど

かなり細かく念入りに調べて犯行に及びます。

セコム_高齢者

住民の行動分析

狙っている家が留守かどうかは「インターホン」を実際に押して確認する方法が多いです。

近所の公園・広場・建物・屋上に潜んで住人の動きを観察したり、電話をかけたり、カーテンや郵便物などの状態を見て判断したりする場合もあります。

良くTVで見るような「マーキング」を実際に行う泥棒も多いです。

マーキングとは正当な目的を持たない訪問者が、その家の特性を示す印を残していくことでポストや表札などの入り口近辺に記されている事が多いです。

女性の一人暮らしや、高齢者だけの世帯、日中の不在を示すマークなど、さまざまなものがあると言われています。

表札の付近や玄関まわりなどは普段から気にしておき、不審なマーキングを見つけたらすぐに消しましょう。

下見の結果、泥棒にとって都合がよい家が狙われる可能性が高いです。

ですので泥棒が嫌がる家にするように心がければ防犯になりますね。

まとめ

ドラマやTVの中であるような事が現実でも実際に起こっています。

「事実は小説より奇なり」とイギリスの詩人バイロンは言いましたが、本当にその通りなのです。

「そんな馬鹿な~」と思っている事が現実では起きます。

下手したら「そんな馬鹿な~」以上の事が起きます。

日ごろから注意して防犯しましょう。

泥棒の家の好みなども理解しながら防犯しましょう。

以下泥棒の傾向などまとめましたので良ければご参考ください。

あなたの家は大丈夫?泥棒が入りやすい家とは?
あなたの家は大丈夫?泥棒が入りやすい家とは? みなさんが思う泥棒が入りやすい家とはどのような家でしょうか? あなたの家の防犯状況は大丈夫でしょうか? 安心している家こそ狙われている可能性が!? 被害にあってからでは手遅れ...
セコム_高齢者

コメント

タイトルとURLをコピーしました