短命の生物って何?何年くらい生きるの?生物短命ランキングTOP10

ランキング

短命の生物って何?何年くらい生きるの?生物短命ランキングTOP10

人間の平均寿命は平均80歳くらいと言われています。

では人間以外の生物の平均寿命ってどれくらいでしょうか?

最短寿命(短命)の生物はなんでしょうか?

最短寿命(短命)の生物は何年くらい生きるのでしょうか?

知って驚きな生物の短命ランキングです。


生物短命ランキングTOP10

No 動物名 平均寿命
10 カイウサギ 約8~12年
9 モルモット 約4年
8 カダヤシ 約2年
6 カーペットカメレオン 約1年
6 ハツカネズミ 約1年
5 ウスバキトンボ 約3ヶ月
4 イエバエ 約4週間
3 アリ
(ドローンアント)
約3週間
2 腹毛動物
(ふくもうどうぶつ)
約3日
1 カゲロウ 約24時間

まとめ

どの生物も人間と比べると短命で驚きなのですが、1位カゲロウ24時間にはビックリですね。

カゲロウは、地球上で最も寿命の短い生物ともいえるようです。

たった24時間しか生きられません。

その寿命の短さゆえ、カゲロウは口が退化しており、エサを食べることができません

世界には2500種類のカゲロウが存在しますが、その中には数時間しか生きられない種も発見されています。

彼らはエサさえ食えず、繁殖のためだけに成虫となり、交尾相手を見つけて自分の子孫を残すことに専念しているのです。

人間はどれだけ幸せかが分かりますね。

限りある命と人生を悔いのないように生きようと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました