税金って何に使っているの?税金の使用TOP5

ランキング

税金って何に使っているの?税金の使用TOP5

税金って何に使われているか知っていますか?

給料稼いでも、物を買っても、生きていれば必ずかかってくるものが税金ですよね。

ただ支払ってはいるけど実際に税金の使い道とは何でしょうか?

自分自身の支払った税金の行く先を正しく知っておく事は大事な事です。

今回はそんな税金の使い道を調べてみました。

国の税金の使い道 TOP5

※平成28年度一般会計予算(平成28年3月29日成立)

第1位 社会保障関係費33.1%(31兆9,738億円)

介護、福祉、医療や年金、生活保護など。

社会保障費は私たちの生活を守るためのもので、医療、年金、介護、生活保護などの財源となります。

社会保障費のために多くの税金を納めなければなりませんが、それにより病院での自己負担が原則3割ですむ、失業保険(求職者給付の基本手当)がもらえる、年金を受給できるなどの恩恵があります。

第2位 国債費 24.4%(23兆6,121億円)

借金の元利返済分。

こちらは過去に国がつくった借金の返済費用です。

国債というのは、国が発行する債券のこと。

私たちも国債を購入することができ、満期(償還日)が訪れれば利子と元本を受け取ることができるのです。

国側から見れば、償還時に利子と元本の支払いが必要になり、それが「国債費」ということになります。

第3位 地方交付税交付金等 15.8%(15兆2,811億円)

地方自治体に交付されるお金。

地方交付税は、本来地方の収入になるべきですが、国が一旦徴収して地方自治体に再分配しています。

自治体間で税収に開きがあり、その格差を埋めるためです。

これにより、北海道から沖縄県まで医療費の負担割合や限度額、警察や消防といった公的サービス等が日本全国で共通となっています。

第4位 公共事業関係費 6.2%(5兆9,737億円)

道路、港湾施設、下水道、河川の堤防などの社会的インフラ施設の整備費

主な使い道は、町の整備や住宅支援、道路の整備、災害対策などです。

空港や港、公園などの整備にかかる費用もここに含まれます。

第5位 文教及び科学振興 5.5%(5兆3,580億円)

学校教育科学技術発展のために使われる費用

具体的には、教科書の配布や国公立大学法人への援助、公立小中学校の先生の給与支払いなどに使われます。

まとめ

国債費の元利返済分が2番で13.6兆円も使われているんですね。

日本の借金に驚きです。

税金の使い道を決めるのは国です。

ただその国の働く人を決めるのは選挙です。

選挙ではこの人なら税金を正しく使ってくれる!と言う人を選ぶ事も大切ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました